これはNG!!iPhone水没時の間違った対処法!?

9a604f704dbc52d577f2804160d2064a_s

うっかりiPhoneを水没させてしまうことってよくありますよね。

そんなとき、すぐにお店に修理に出すことが出来ればいですが、それがすぐにできないため自分で対処しようとすることがあると思います。

しかし、水没時に間違った対処法がたくさんあることをご存知ですか?

そこで今回は、水没時の間違った対処法についてご紹介致します。

・ドライヤーで乾かす

水没させてしまったiPhoneを乾燥させるためにドライヤーを使う人が多くいると思いますが、実は間違った対処法です。

ドライヤーの熱風で乾かしてしまうと、iPhoneは熱に弱いため基盤が壊れてしまう可能性があります。

・本体を振る

iPhoneの中に入っている水を抜き出そうと本体を振ってはいけません。

iPhoneを振ってしまうと濡れていなかった部分まで濡れて壊れる原因になります。

・自然乾燥させる

iPhoneの基盤が濡れた状態で放置していると錆びてしまい、故障してしまう可能性があります。

 

いかがでしょうか。

誤った対処法をすると、状況を更に悪化させてしまい、データが復旧できなくなる可能性があります。

水没した時は、なるべく早くお店に修理を出した方がいいでしょう。


投稿日: 2017年9月25日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ