壊れたiPhoneをそのまま使うと危険です!すぐに修理すべき理由とは?その3

c227d1880d1b1c862e4466517e36f5c3_s

みなさんこんにちは!

お客様のひび割れiPhone。そのiPhoneは画面が見づらいだけではなく、様々な事故やリスクを引き起こす可能性があります。

今回は前回の記事に引き続きまして、故障したiPhoneをそのまま使用するデメリットをお伝えさせていただこうと思います。
該当するお客様はぜひ、お見逃しなくご覧ください!

■ガラスは割れると危険です!

ひび割れたガラス、液晶。壊れる前はなんの危険性がなかったけれど、これらは壊れた瞬間からお客様の手を傷つける物体へと変化します!

例えば、スマホゲームなどをやっている最中など、皆様は素早くタップやスワイピなどを行いますよね。
そんな時にひび割れの先端が指に刺さってしまったら流血の事故につながってしまいます。
このような事故は誰もが思いつく簡単な事例のひとつです。

また、このようなiPhoneからガラスの破片や粉が知らないうちに落ちてしまい、口の中や服に付着してしまうと思わぬ傷ができてしまうかもしれません。

加えて、特に小さいお子様のいらっしゃるご家庭では、知らぬ間にお子様が拾って食べたりしてしまうかもしれません。

液晶のガラスの破片は大小様々ですので、最悪の場合お子さんを病院へ連れて行くいことにもなりかねません。

日頃から気をつけてこのような事態が起こらないようにしたいですね。


いかがでしたか?
このようなことを考えると、ヒビ割れiPhoneを修理したくなったのではないでしょうか。
そんな時にはぜひ、修理専門店キャッスルにお申し付けください!
納得の価格と、信頼の実績でお客様のiPhoneのお悩みや故障を解決いたします。


投稿日: 2017年10月7日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ