大阪でアイホン修理するなら|水没の場合

アイホンが水没した時に


アイホン修理 水没大阪のアイホン修理の専門ショップであるキャッスルでは、水の中に落としたアイホンの修理、つまり水没修理を行うことがありますが、ご自身では水没という意識はなく、動かなくなったアイホンを修理に持ち込まれる方もいらっしゃいます。たとえば、夏であれば突然のゲリラ豪雨で雨に濡れた時、手に持ったままのアイホンの画面にヒビが入っていると、水没と同じように内部に影響が出てアイホン修理が必要になることがあります。大阪でも、大阪環状線が冠水するほどの豪雨が発生したことがありますが、実は雨もアイホンにとって大敵で、水没に近い状態になるかもしれません。しかも、さすがにアイホンを水の中に水没させたのであれば、アイホン電源を入れるのはまずいと判断するはずですが、雨に濡れただけでは違った判断をしてしまうものです。

 

さらに、冬は結露によって水没に近い状態になることがあります。たとえば、車の中にアイホンを置き忘れて、深夜に冷たくなったアイホンを暖かい部屋に持ち込んで結露させ、アイホンのガラス面に傷が入っていたために、内部にまで影響が及んで水没と同じような状態になり、アイホン水没修理が必要になることもあります。温暖な気候の大阪の中でも、豊能地域などは大阪市内よりも冬の気温が低く、夜間は車の中にアイホンを置き忘れることがないようにしたいものです。

 

アイホン修理 水没

 

水没したアイホン修理はお早めに

そして、水没、あるいは水没に近い状態でアイホン修理が必要になった時は、アイホン修理専門ショップのキャッスルにご相談ください。当ショップでは、水没させてしまったアイホンの不具合点検を行い、その場でアイホン水没修理が可能かどうかを判断して、パーツの交換などに取り掛かります。もちろん、水没修理の場合は、アイホン内部の水分を取り除き、クリーニング作業や腐食部分の除去作業などが必要になるため、アイホン水没修理に1~2時間かる場合もありますが、そのほかのアイホンのガラス面のヒビ割れ修理やバッテリー交換などのアイホン修理であれば30分程度で修理が完了いたします。さらに、アイホン水没修理に掛かる費用も他店と比べてかなり安く済むはずですので、大阪で水没などのアイホン修理が必要になった時は、キャッスルにお越しください。


投稿日: 2017年11月28日
カテゴリー: キャッスルお修理ロボのつぶやき
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ