大阪にお住まいの方へ!画面が割れたiPhone通称「ばきふぉん」が含む大きな危険とは!

大阪にお住まいの方へ!画面が割れたiPhone通称「ばきふぉん」が含む大きな危険とは!

 

近年、日本では多くの人がiPhoneを使用しています。

その中で、画面が割れたまま使っているといった人も増えてきています。

若い人たちの間では、こういった画面がバキバキになったiPhoneを「ばきふぉん」と呼ぶほど一般的になっているのです。

しかし、こういった「ばきふぉん」の危険性を皆さんはご存知でしょうか?

今回は、画面が割れたiPhone「ばきふぉん」が含む大きな危険についてご紹介します。

・強化ガラス破片による危険性

iPhoneの画面は強化ガラスによって保護されています。

しかし、落下などの強い衝撃によって画面が割れると目に見えない細かな強化ガラス片が飛び散る可能性があります。

こういった細かい破片が目や手に刺さると非常に危険です。

取り除こうと思っても、透明で細かな強化ガラス片はなかなか自分では取り除くことはできません。

また場合によっては、失明する危険もあるのです。

・画面割れによる誤入力

画面が割れることで、正しいキーをタッチしていても正しく入力されないことがあります。

起動時のパスコードの入力を何度か間違えてしまうと、数分間iPhoneが使用できなくなり、最終的には一日中使用できなくもなります。

また、仕事の大事なメールの誤入力なども起こりえるので、非常に大きな問題と言えるでしょう。

・細かいゴミや水分による故障

まさかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、画面割れはiPhoneの故障に繋がることもあります。

画面割れの隙間から細かいゴミや水分が入り込み、内部の基盤にダメージを与えることがあるのです。

内部の基盤が壊れてしまっては、iPhoneは使えなくなってしまいます。

ただの画面割れと思っていたら、iPhoneが壊れるといった悲しい事故は避けましょう。


今回は画面が割れたiPhone「ばきふぉん」が含む大きな危険についてご紹介しました。

画面が割れたからと言って、必ずトラブルが起こるわけではありませんが、印象もよくありませんよね。

現在、画面が割れている方はこの機会にキャッスル大阪店まで修理に出されてみてはいかがでしょうか。


投稿日: 2018年3月12日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ