天王寺で修理受付!iPhoneが充電できない時の原因と対処法とは!前編

1 天王寺で修理受付!iPhoneが充電できない時の原因と対処法とは!前編

 

「なぜか急にiPhoneが充電できなくなってしまった!」
など、お困りの方はいらっしゃいませんか?今までは普通に使えていたのに、急にトラブルが起こることってありますよね。

そこで今回は、iPhoneが充電できなくなってしまった原因と対処法についてご紹介します。

・iPhoneの一時的な不具合

PCなどでもたまに発生するように、iPhoneにも一時的な不具合が生じることがあります。

そういった場合は、一度再起動してみましょう。

再起動の方法は、スリープボタンを長押しし、スライダーバーを右方向にスライドすると、数秒後にiPhoneの電源が落ちます。

その後、もう一度スリープボタンの長押しをappleのロゴが出るまで行い、起動することで再起動が完了します。

充電できない原因がはっきりとは分からないといった場合であっても、iPhoneを再起動したら直ってしまったということは意外とよくあります。

ぜひ一度試してみましょう。

・バッテリー残量がほとんどない

バッテリーの残量がほとんど無い場合や、0%である場合は、たとえ充電できている場合でもしばらくの間は何も画面に表示されないといったことが起こります。

こういった場合は、充電を始めてから20~30分ほど放置しましょう。

「たったこれだけ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こうすることで解決できる場合が多いです。

・PCのUSBポートやOAタップを通して充電している

こういった方法で充電している場合、iPhone自体には問題がなく、USBポートやOAタップ側に問題があり、充電ができていない可能性があります。

こういった場合は、別口のUSBポートで充電してみたり、OAタップを通さずに、壁口のコンセントから直接充電をしたりしてみましょう。

これで解決した場合は、iPhone自体には問題がないので、トラブルのもとと思われるものを特定し、取り換えてしまいましょう。

 

今回は、iPhoneが充電できなくなってしまった原因と対処法についてご紹介しました。

今回の記事を読んでも問題が解消できなかった時のために、次回はほかの原因とその対処法についてご紹介したいと思います。


投稿日: 2018年3月3日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ