目の疲れが気になる方必見!iPhoneのNight Shift機能を使ってみよう!後編

前回は、ブルーライトが人体に与える影響についてお話しました。

その影響を鑑みても、ブルーライトは極力避けたいものであると分かってい他だけ隆と思います。
今回は、そのブルーライトを低減するNight Shift機能に関して詳しくお話ししたいと思います。

◆iPhoneのNight Shift機能とは?

Night ShiftはiOS 9.3以降搭載されたブルーライトを低減させる機能で、設定から起動させることができます。

また、コントロールセンターからならより簡単に起動できます。

画面下部を下から上にスワイプするとコントロールセンターが出てきますので、まずはNight Shiftをタップします。

 

初回起動時は、「午前7時までオン」か「スケジュール設定」のいずれかを選択できます。

「午前7時までオン」をタップすれば、翌日の午前7時までNight Shiftをオンにできます。

「スケジュール設定」をタップすると、「設定」の中にある「Night Shift」の管理画面が開けます。この画面では、自動でNight Shiftがオンになる時間を設定できたり、色温度を調整できたりと便利なので、一度開いてみてください。

 

いかがでしたか?
Night Shiftは実際に起動してみると、画面が暖色系の色に変化します。

少し暗くて見づらいと感じましたら、「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」で設定画面が出てきて調整できます。

画面の見すぎによる目の疲れを感じている方は、ぜひこの機能を利用してみてください。


投稿日: 2017年9月29日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ