突然のフリーズ!原因と対処法とは

ad26344eff5fb442db325328585ad438_s

 

iPhoneは使っていると色々なトラブルが起きやすいデバイスですが、一番よく起こるのがフリーズです。

フリーズとはいきなり画面が固まって何も動かなくなることで、触っても反応しない状態です。

普段からバックアップをとっていないとかのような時に非常に困ることになります。

このフリーズの原因として挙げられるのが、データ容量オーバーもしくはギリギリで使用していることです。

iPhoneはそれぞれ容量が決まっていますが、多くの人がその容量ギリギリに写真やアプリなどを入れています。

しかしこれはiPhoneにとってはあまり良い状態ではなく、実は負担をかけています。

そのため、対処法としては使わないアプリは小まめに消す、写真はすぐに容量を使ってしまうのでiCloudなどに移して保存するのがおすすめです。

写真は1枚あたり3MB程度容量を使うので、かなり厳選しても容量を使ってしまいます。全てiPhoneの中で保存しようと思うのは多少無理があると思っておきましょう。

また、サファリのページやアプリなどを同時に開きすぎるのもあまり良くありません。

普段から見ないページやひとまず使わないアプリは一旦閉じる、という癖をつけるのが得策です。

いきなりiPhoneがフリーズしてしまうと非常にびっくりしますが、焦らずに対処して直しましょう。


投稿日: 2018年3月21日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ