難波の方必見!iPhoneで通話中に声が聞こえづらくなる原因と対処法!

難波の方必見!iPhoneで通話中に声が聞こえづらくなる原因と対処法!

 

iPhoneで電話していると、ふとした時に相手の声が聞こえづらくなったり、自分の声が届いていなかったりした経験はありませんか?

画面が割れているわけでもなく、パッと見ただけでは原因が分からないかもしれません。

しかし、何かしらの原因があるのでこういったトラブルが起きているのです。

そこで今回は、iPhoneで通話中に声が聞こえづらくなる原因と対処法についてご紹介します。

・マイクの故障

通話中に相手の声が全く聞こえない場合は、apple純正のイヤホンマイクを使用して通話を行ってみましょう。

この際に、相手と自分の声が問題なく聞こえている場合は、iPhone本体のマイク・イヤースピーカーの不具合である可能性が高いです。

・通話用ICチップの不具合

iPhoneの基盤に使用されている通話用ICチップは、衝撃に対して非常に弱いです。

そのため、iPhoneを落とした時の衝撃などで壊れてしまうことがあります。

ICチップの問題かどうかは、ボイスメモで音声が録音できるかどうかで確かめることができます。

音声が録音できる場合は、ICチップの問題ではありません。

録音できなかった場合は、ICチップに不具合が生じている可能性が高く、基盤修理または本体交換が必要となります。

・水没による不具合

水没させてしまった場合、マイクとイヤースピーカー両方が壊れることがあります。

その際は、マイク付きイヤホンで通話できるかどうかを試してみましょう。

通話できなかった場合は、iPhone内部に水分が入り込んでいる可能性が高いです。

通話できた場合は、一時的ではありますが、マイク付きイヤホンで対応することもできます。

しかし、使用しているうちに不便に思う可能性が高いため、早めに修理に出してしまうのがよいかもしれません。

 

今回はiPhoneで通話中に声が聞こえづらくなる原因と対処法についてご紹介しました。

今はあまり大きな問題に感じないかもしれませんが、損傷個所が拡大してしまう可能性もあります。

少しでもおかしいなと感じることがあれば、早めに対応するように心がけましょう。


投稿日: 2018年3月9日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ