難波iPhone修理プロが伝授!データを守るクラウドサービス! iCloud編 | iPhoneの故障なら修理専門店キャッスル

難波iPhone修理プロが伝授!データを守るクラウドサービス! iCloud編

47f4c599efe480be4885f36bf9c38499_s

 

「損傷が激しすぎて修理できない」「iPhoneを川に落として無くしてしまった」

などの緊急事態でデータを無くさないために備えが必要です。

データを守る方法として「クラウドサービス」があり、前回このサービスがどういうものかについてお話ししました。

今回はクラウドサービスを提供している「iCloud DriveApple)」を使ってできることや使い方についてご紹介します!

iPhoneユーザーなら絶対使うべきiCloud

 iCloudAppleが提供しているクラウドサービスで、メールやカレンダー、メモ、写真などをインターネット上に保存して他の端末のデータと共有することが可能です。

バックアップをしておくことで、写真やメッセージ、アプリの設定などをクラウド上に保存し、他の端末から復元できます。

また、iPhoneを紛失した場合、「iPhoneを探す」という機能を使って探すことができます。

iCloudに別の端末からサインインして、現在地を地図上に表示させ、音を鳴らして見つけやすくし、ロックをかけたりデータを削除したりできます。

iPhoneiPadMacで利用できますが、Windows 7以降を搭載したWindowsのパソコンであればiCloudは利用可能です。

iCloud Driveでもっと便利に!

iCloud Driveでは、PDFや写真、スプレッドシートなど、様々な容量の大きいファイルを保存できます。

iCloud Drive上に保存したファイルはiPhoneにもともとある、KeynoteNumbersPagesの対応アプリで開くことができます。

iCloudのストレージ容量

 iCloud上に保存できる容量は決まっています。

5GBまでなら無料でiCloudに保存できますが、それより多く保存するには料金がかかります。

写真や音楽が多いという方は5GBでは足りませんので購入が必要かもしれません。

(写真だけだと5GB2000枚ほど保存可能です。)購入方法は「iCloud>ストレージ管理>ストレージプランを変更」です。

50GB: 月額130

200GB:月額400円(ファミリーと共有可)

2TB: 月額1,300円(ファミリーと共有可)

特に写真やカレンダー、メール、電話帳などを絶対に無くしたくないという方は、もしもの時に備えてiCloudを活用しましょう!

次回は「Googleドライブ(Google)」の特徴についてご紹介します!


投稿日: 2018年1月26日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ