iPhoneの指紋認証が故障?疑ったらすべき対処

fae190d589746acd0da00b2165925ccf_s

 

iPhone5以降のiPhoneには「touch ID」という指紋認証センサーがついています。

ホームボタンに指を当てるだけで、パスワードと同じ役目をしたり、ロック画面の解除やアプリの購入等ができとても便利です。

特にiPhone6xsではさらに進化して、より高速に指紋認証出来るようになりました。

でも時間が経つとどうしても指紋認証できにくくなり、故障かな?と思うこともあります。

そのような時は、ホームボタンに汚れはないか。

汚れていたら、ホームボタンを掃除するわけですが、その時はイソプロピルアルコールを綿棒に付けて、ホームボタンを軽く押すようにするのがおすすめです。

ハンドクリームや汗等で自分の手が汚れていないか確認してみてください。

それとは反対に手が乾燥しすぎていたりしても認証しにくくなります。

また何気なく指紋認証を行っていますが、登録時と角度が変わっていたりしていないかを思い出してみましょう。

もし思い出せなければ再登録を行なうようにします。

ホームボタンシールやガラスフィルム等を貼っている場合は、厚すぎて認識できにくくなっているかもしれません。

それでもだめならハードウエアの故障かもしれません。


投稿日: 2017年12月27日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ