iPhone7はどこまで水を防げるか?

7d1fa33af56f423c969690590036ad8b_s

 

iPhoneを使用してきた方は、衝撃などのないように気をつけたり水濡れなどをしないよう天気などにも気をつけてきたことでしょう。

精密機械ですから、濡れたりちょっとしたことでも誤動作を起こしたり、ヘタをすると修理をすることがよくあるからです。

新しい機種になってくると、より多くのユーザーに使いやすいよう、防塵や防水性能を持たせたiPhoneも出てきています。

スペック表などでも見かけるようになったIPコードですが、iPhone7の場合にはIP67として記載されていて、6は防塵性能で、7が防水性能の部分の等級表示になります。

この防塵性能の6級に関してはほぼ完璧に粉塵が本体内部に侵入しないというレベルですが、防水の7級は一定の水圧で一定時間(30分)水中につけても有害ではないとされているレベルです。

とはいえ、これも真水や常温という理想的な環境化の中で設定されている数値になります。

うっかり水をこぼしたりしたというのであればいいのですが、お風呂でシャンプーをしながら使うなどというのはやめておいた方が良いでしょう。


投稿日: 2018年1月11日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ