SIMフリーiPhoneとそうでないものはどうすれば見分けられるの?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

 

格安SIMを使うならSIMフリーがよいといわれていますが、その理由としては、どのキャリアの通信網を使っているSIMカードでも使うことが出来るその汎用性に魅力がある為です。

格安SIMは大手キャリアの通信網を借り受ける形でサービスが提供されています。

そのため、格安SIMの借り受けている通信網と端末の種類が合わないと通信が行なえなくなってしまいます。

大手キャリアは日本では3社あり、これらの会社は独自のロックを解除しないと他社の通信網の格安SIMのサービスを利用することはできません。

しかし、SIMフリーの端末はこうしたロックがかかっていませんのでどのキャリア系の格安SIMでも利用することが出来るのが最大のメリットです。

iPhoneは世界中で人気のスマートフォンで、日本でも3大キャリアで販売されていますが、先述したようにロックがかかっていると格安SIMで使えないケースが出てきます。

SIMフリー端末をメーカーから直接購入することで好きな格安SIMで使うことが可能となります。

SIMフリーiPhoneとそうでないものは、外観では見分けがつきにくいため、販売国で判別されています。

日本では海外で販売された端末はSIMフリー端末としてフリーマーケットアプリやオークションなどで販売されています。

又、見分ける方法としてはSIMカードを挿してみる方法があります。

SIMカードが適応していれば、通信が出来る可能性がありますが設定を正しく行っても通信が行なえない場合はロックがかかっていると考えられ、その場合にはSIMフリーではないと考えられます。

SIMフリーのiPhoneは日本ではメーカーで販売されているほか、中古端末も出回っています。

格安SIMを提供している各社に合わせたキャリアの端末を用意する方法でも格安スマートフォンとして使うのは可能ですが、格安SIMを変更したいと考えたときに備えてSIMフリーを選んでおくと良いでしょう。


投稿日: 2018年4月5日
カテゴリー: iphone・ipadの小ワザ
Call: 06-6949-8771
メールでのお問い合わせ