icatch-repair

スリープ(電源)ボタン修理

スリープボタン修理 業界最安値に挑戦!
スリープボタン修理画像
iPhone6S
\6,000(税別)
iPhone6
\6,000(税別)
iPhone5S/5C
\5,000(税別)
iPhone5
\5,000(税別)
iPhone4/4S
\5,000(税別)

スリープボタン修理について

iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)が陥没してしまい「きかない」
「押せない」という状態になってしまうことがあります。
こうなってしまうと常にボタンが押された状態となってしまい、
スリープ状態にもできず、電源を入れる事も出来ません。そんな場合は、
iPhoneのスリープ(電源)ボタンを交換することで、修理が可能です。
スリープボタン修理画像2

スリープボタン 事例コメント

事例1:スリープボタンが陥没して電源のオン・オフが出来ない
スリープボタン修理事例画像1
こちらのお客様はスリープボタンが陥没して電源のオン・オフが出来ないとの事で、
大阪のiPhone修理専門店キャッスルまでお越し下さいました。
お話を伺いますと、「iPhoneを落としてしまったときにスリープボタンのところから
落下して、ガラスは大丈夫だったけれど、スリープボタンが陥没した」との事でした。
iPhoneを拝見しますと、スリープボタンが陥没していて、全く電源のオン・オフが出来
ません。 充電切れで電源がオフになったら、電源が入りませんから大変です。
iPhoneをお預かりして、インダクションケーブル(センサーケーブルとも言う)を
交換することにしました。交換作業は30分程で終了しました。 インダクションを
交換することで、電源のオンオフも出来るようになりました。
事例2:スピーカーホンにしたらこちらの声が相手に届かない
スリープボタン修理事例画像2
こちらのお客様は、「通常の電話は問題なく使えるけど、スピーカーホンにしたら
こちらの声が相手に届かない」との事で当店にお越し下さいました。
iPhoneを拝見しますと、通常時の会話は相手方にもこちら側にも届いています。
しかし、スピーカーホンに切り替えますと、相手側の声は聞こえますが、こちら側
の声が届きません。カメラを起動して、動画に切り替え、録音してみると、画像は
撮れますが声が撮れません。
これはノイズキャンセリングマイクが悪いと思われます。iPhone4はインダクション
ケーブルにこのマイクも付いてるので、インダクションケーブルの交換をすることに
しました。iPhoneをお預かりして、30分程で交換は完了しました。交換後は動画
の声も撮れるようになり、スピーカーホンにした時のこちら側の声も相手側に届く
ようになりました。
ご来店予約・無料見積もり受付中
電話お問い合わせ
メールでのお問い合わせ